ログイン中の会員
ゲストさん
資料の詳細

■資料情報

書名

西南戦争民衆の記 大義と破壊

著者 長野 浩典∥著
著者典拠
出版者 弦書房
出版年 2018.2
ページ数 285p
大きさ 19cm
ISBN
4863291639, 9784863291638
内容紹介
西南戦争とは何だったのか。民衆側の視点から、戦場の凄惨な現実を追体験。戦争が見世物化し、さまざまな商売が繁盛し、並行して農民一揆が起こり、コレラが流行した。その大義なき近代戦がもたらした村社会の分断と破壊の実相から、戦争の本質をよむ。
キーワード 西南戦争(1877) 九州地方-歴史
おすすめ本
この本を借りた人は、以下の本も借りています。
科学の謎検証委員会∥編
河本 佳樹∥編
東 雅夫∥著
西土佐村史編纂委員会∥編纂
志村 有弘∥訳
及川 儀右衛門∥編
石川 道夫∥〔ほか〕著
谷山 省一郎∥著

 

■蔵書状況

所蔵: 1    予約: 0 件
所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 種別 備考
雲の上の図書館 日本の夜明けと敗戦の挫折 - ち-3-2:日本の夜明け 明治維新と~ L06/ナ 100027700 一般図書
貸出できます
※「(配送中)」の資料については、窓口にてお問い合わせください。