ログイン中の会員
ゲストさん
資料の詳細

■資料情報

書名

昭和二十年夏、女たちの戦争

角川文庫 か58-2

著者 梯 久美子∥〔著〕
著者典拠
出版者 角川書店、角川グループパブリッシング(発売)
出版年 2012.7
ページ数 287p
大きさ 15cm
ISBN
4041003822, 9784041003824
内容紹介
太平洋戦争中に青春時代を送った5人の女性たち。それは悲惨な中にも輝く青春の日々だった。妻でもない、母でもない、女として戦時下を生きた5人の女性たちの証言から戦争を読み解くシリーズ第2弾。
内容:実らないのよ、なにも。好きな男がいても、寝るわけにいかない。それがあのころの世の中。それが、戦争ってものなの。 近藤富枝述. 空襲下の東京で、夜中に『源氏物語』を読んでいました。絹の寝間着を着て、鉄兜をかぶって。本当にあのころは、生活というものがちぐはぐでした。 吉沢久子述. 終戦直後の満州・ハルビン。ソ連軍の監視の下で、藤山寛美さんと慰問のお芝居をしました。上演前に『インターナショナル』を合唱して。 赤木春恵述. はじめての就職は昭和二〇年春、疎開先の軽井沢。三笠ホテルにあった外務省の連絡事務所に、毎日、自転車をこいで通いました。 緒方貞子述. 終戦翌年の春、青山墓地で、アメリカ兵から集団暴行を受けました。十四歳でした。母にだけは言ってはいけない。そう思いました 吉武輝子述. 薔薇のボタン 梯久美子著
キーワード 太平洋戦争(1941~1945)
おすすめ本
この本を借りた人は、以下の本も借りています。
バリー・ユアグロー∥〔著〕、柴田 元幸∥訳
朝井 リョウ∥著
酒井 駒子∥作・絵
村上 春樹∥文、大橋 歩∥画
上橋 菜穂子∥作、佐竹 美保∥絵
槙 ひろし∥作、前川 欣三∥画
大友 克洋∥著
麻生 知子∥作
うえだ まこと∥作
宇高 寛子∥〔著〕
チャールズ・キーピング∥作、ふしみ みさを∥訳

 

■蔵書状況

所蔵: 1    予約: 0 件
所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 種別 備考
雲の上の図書館 文庫・新書/J本 - ゑ-2-4:文庫(L2) bu/カ 100048933 一般図書
貸出できます
※「(配送中)」の資料については、窓口にてお問い合わせください。