ログイン中の会員
ゲストさん
資料の詳細

■資料情報

書名

いかにして抹殺の〈思想〉は引き寄せられたか 相模原殺傷事件と戦争・優生思想・精神医学

著者 高岡 健∥著
著者典拠
出版者 ヘウレーカ
出版年 2019.4
ページ数 213p
大きさ 20cm
ISBN
4909753028, 9784909753021
内容紹介
相模原殺傷事件の加害者、植松聖の"思想"に正面から向き合い、批判を展開。なぜ植松はその"思想"を引き寄せたのかを、第一次世界大戦から第二次世界大戦期の社会思想、優生思想、精神医学の歴史をたどりながら解明。事件の悲劇の本質に迫る。
内容:相模原事件が問いかけるもの. 〈思想〉の見取り図. いかにして植松聖は〈思想〉を引き寄せたか. 優生思想の精神医学. 戦争の精神医学. 国家意思・戦争・精神医学. 相模原殺傷事件の倫理学. 戦争と福祉国家の逆説
キーワード 精神医学 相模原障害者施設殺傷事件(2016) 戦争 優生問題
おすすめ本
この本を借りた人は、以下の本も借りています。
白土 三平∥著
斉藤 倫∥著、高野 文子∥画
中上 健次∥著
渡邉 琢∥著
篠原 雅武∥著
神谷 美恵子∥著
水野 正敏∥著
本田 美和子∥編集、伊東 美緒∥編集
髙橋 洋一∥著
アーノルト・シェーンベルク∥著、上田 昭∥訳
フランソワ・ヌーデルマン∥著、橘 明美∥訳

 

■蔵書状況

所蔵: 1    予約: 0 件
所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 種別 備考
雲の上の図書館 社会と向き合う・総記 - を-1-7:歪んだ日本社会 A707/タ 100053204 一般図書
貸出できます
※「(配送中)」の資料については、窓口にてお問い合わせください。