ログイン中の会員
ゲストさん
資料の詳細

■資料情報

書名

人間はどこまで家畜か 現代人の精神構造

ハヤカワ新書 019

著者 熊代 亨∥著
著者典拠
出版者 早川書房
出版年 2024.2
ページ数 216p
大きさ 18cm
ISBN
415340019X, 9784153400191
内容紹介
清潔な都市環境、健康と生産性の徹底した管理など、人間の「自己家畜化」を促す文化的な圧力がかつてなく強まる現代。だがそれは疎外をも生み出し、そのひずみは既に「発達障害」や「社交不安症」といった形で表れている。精神科医が現代の人間疎外を論じる。
キーワード 進化心理学
おすすめ本
この本を借りた人は、以下の本も借りています。
畦地 梅太郎∥著
坂本 太郎∥著、日本歴史学会∥編集
米沢 穂信∥著
天童 荒太∥著
清水 茂∥訳
〔紫式部∥原作〕、清水 好子∥著
滝沢 馬琴∥作、丸屋 おけ八∥訳
山崎 豊子∥著
北村 薫∥著
清水 茂∥訳

 

■蔵書状況

所蔵: 1    予約: 0 件
所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 種別 備考
雲の上の図書館 文庫・新書/J本 - ひ-6-4:小学館・光文社新書 sh/ク 100077860 一般図書
貸出できます
※「(配送中)」の資料については、窓口にてお問い合わせください。