Site Top

[BookShelf Image]:195

11月3日は、いいお産の日です。いいお産の日実行委員会が1994(平成6)

年から実施。「いいおさん」「いい(11)お産(03)」の語呂合わせです。

今日の一冊は『ヒトはなぜ難産なのか お産から見る人類進化』(奈良貴史

/著)です。人類は、難産の出現によって助け合う人間社会が形成されたと

考えている。お産に立ち向かうことで人間は進化したと言うのだ。つまり

お産はは生物としての生理現象と、人間としての相手を思いやるという根

源的思考活動の融合である。したがって、難産は女性だけの問題ではなく、

男性を含めたすべての人類が背負ってきた宿命でもある。それを理解する

のは人類を理解するのと同じである。(はじめにの一文より抜粋)

ヒトは、ほかの哺乳類と異なり「難産」である。では、その原因とは?

進化の過程や文化の面で、どのような解決策をとってきたのか?進化の歩

みを、ほかの哺乳類や霊長類、ネアンデルタール人類などと比べ、めずら

しい図版資料の数々を見ながら出産の文化史を見直し、人類の未来を考え

よう。

 

 

 

2019年 (令和元年)
11月12日(火)
Weather
時間:9:00~20:00
休館:火曜日(毎週)、金曜日(最終週のみ)