Site Top

[BookShelf Image]:261

1986(昭和61)年のこの日、アメリカのスペースシャトル・チャレンジャーが

打ち上げられ、発射74秒後に爆発し、乗組員7人全員が死亡した。

作家・大江健三郎は『治療塔』の中でこの事故を「宇宙意志からの警告」と

表現しました。

今日の一冊は、『大江健三郎全小説:治療塔』(大江健三郎/著)です。

大江健三郎初のSF作品。およそ50年後くらいの近未来の日本が物語の

舞台となります。限定的核戦争と原発事故によって荒廃した地球。そこから

脱出したものの帰還してきた「選ばれた者たち」と「残留者」。それは、現

在推し進められている富裕層と、そこから取り残された大衆層の二極化を髣

髴とさせる世界。「残留者」たちは、資源が浪費され、汚染された地球で生

き延びてゆく。出発から10年後、宇宙船団は帰還し、過酷な経験をしたはず

の彼らは一様に若かった。その鍵を握る「治療塔」の存在と意味が、イェー

ツの詩を介して伝えられる。著者初の近未来SF小説を復刊し、読み応えのあ

る作品です。