ログイン中の会員
ゲストさん
資料の詳細

■資料情報

書名

哲学の始原 ソクラテスはほんとうは何を伝えたかったのか

著者 八木 雄二∥著
著者典拠
出版者 春秋社
出版年 2016.7
ページ数 261p
大きさ 20cm
ISBN
439332367X, 9784393323670
内容紹介
哲学は「知への愛」「真理の探求」といわれるが、本当にそうなのか?哲学の始原を辿り、イエスの思想やキリスト教神学、中世哲学も視野に入れ、プラトンによってかえってわからなくなっているソクラテス哲学の意義を明らかにする。
キーワード 古代哲学 哲学と宗教
おすすめ本
この本を借りた人は、以下の本も借りています。
岸田 知子∥著
鈴木 康広∥作
ポール・セロー∥著、村上 春樹∥訳
アントニー・ラッドフォード∥著、セレン・モーコック∥著、アミット・スリヴァスタヴァ∥著、長田 綾佳∥訳
長野 まゆみ∥著
瀬口 亮子∥著
熊本 一規∥監修
〔グリム∥原作〕、〔グリム∥原作〕、那須田 淳∥文、柿本 幸造∥絵

 

■蔵書状況

所蔵: 1    予約: 0 件
所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 種別 備考
雲の上の図書館 ライブラリー2:歴史のながれ - ま-2-3:哲学・思想 G206/ヤ 100012512 一般図書
貸出できます
※「(配送中)」の資料については、窓口にてお問い合わせください。