Site Top

【雲の上の図書館】施設案内

敷地面積 3087.85㎡/建築面積 1170.50㎡/延床面積 1938.31㎡
最高高さ 12.65m/最高軒高 10.94m
構造:鉄骨造(一部 木造)地上2階地下1階    
太陽光発電量 20.52KW/h

〈使用木材〉
外装 木造作(スギ/町産材) 5.065m3
内装 構造木組み(スギ/町産材) 65.798m3
内装 フローリング・木造作(スギ/町産材) 20.416m3
内装 カーテンウォール方立(ヒノキ/県産材) 9.767m3

〈収容可能蔵書数〉
開架書庫:約55,000冊/閉架書庫:約35,000冊 

素晴らしい建築空間を活かした“いろは48棚”の配架フロアーマップ
                      ⇒⇒⇒PDFで拡大して見る


〈ゆすはら“いろは”ウォール〉
梼原から高知、四国、そして日本へ、自然・歴史・文化を辿りながら
日本人とは何かまで辿る長い本棚。

〈海洋堂ジオラマ〉
図書館内の5カ所に海洋堂によるジオラマが設定されています。
ゆすはら“いろは”ウォールとライブラリー1〜4の
それぞれのテーマに沿った世界が展開されています。
日本のフィギュア文化を創出した海洋堂の技と
本のコラボレーションを存分にお楽しみ下さい。



〈ゆすはらステージ〉
1階の交流広場にある段々は棚田をイメージした特徴ある空間。
ステージとしてミニイベントを開催したり、
普段はのんびり座って自由にお過ごしください。


〈2階 一般図書フロアー〉
心を潤す文芸書(小説など)から生活に役立つ実用書、

趣味や娯楽、美容と健康、さらに社会問題まで、
日常的に手にする本が並びます。


〈ライブラリー1〜4〉
4つの小さな小部屋が連なるライブラリーは、
自然・歴史・芸術・文化など古今東西のあらゆる知に
触れることができるリベラルアーツ(教養)の森。
それぞれの部屋のテーマを表すジオラマと一緒に
知の森の散策をお楽しみ下さい。

〈コミュニケーションラウンジ夢見楼〉
世代をこえて梼原の未来と夢を語り合いたい。
そんな想いでつくられたラウンジです。
ゆったりとしたソファーと、組合せ自由なテーブル席で、
思い思いのスタイルでアクティブな交流が可能です。
壁の本棚は作家の全集や美術全集、ヴィジュアル本から漫画まで
発想を豊かにし、個人では手に入りにくいセット本が
いろいろと用意されています。


〈閲覧コーナー〉
基本的におしゃべりを禁止しない「雲の上の図書館」で
サイレントゾーンとしているのが「閲覧コーナー」。
ひとりで集中したい時は、こちらがおすすめです。
このような席が一般図書フロアーの中も含め22席あります。
パソコンやタブレットの持込みもOKです。


〈井戸端エリア〉
ちょっと座って気軽な会話が楽しめるフリースペース。
本棚は絵本を卒業した小学生向けの本が並ぶ
“背のびコーナー”ですが、実は大人が読んでも
十分に楽しめる本が盛りだくさん!


〈文庫・新書コーナー〉
2階に展開する文庫・新書コーナーは、
小説だけではなく、社会を知り、教養に磨きをかける
ライブラリーが揃っています。


情報交流コーナー
蔵書検索(館内OPAC)やインターネット閲覧が可能な
パソコンを設置しています。
コピー機の利用は有料となります。



〈えほんコーナー(キッズスペース)〉
1階から半分下りたところにあるキッズスペース。
たくさんの絵本を用意してお待ちしています。


〈ベビールーム〉
安心して静かに赤ちゃんに授乳できる設備を用意しています。


〈子育て相談室〉
助産師・保健師による育児相談が受けられるスペース。


〈ボルダリングコーナー〉

気力・体力・知力をフル動員する人気のスポーツに挑戦しませんか?
利用するには、利用申込と誓約書の提出が必要です。

初めての方は、必ず総合カウンターにお声をおかけください。 

2018年(平成30年)
12月19日(水)
Weather
時間:10:00~21:00
休館:火曜日(毎週)、金曜日(最終週のみ)