Site Top

 開館5年目を迎え、はじまりました「雲の上の縁人紹介」

このコーナーでは、雲の上の図書館にご縁のある方々を紹介します。

1人目は、雲の上の図書館が建てられる前にあった『小さな図書室』

時代をご存じの方です。

 梼原町在住、掛橋芳男(かけはし よしお)さん

 

以下、 掛=掛橋さん/雲=雲の上の図書館

 

:今日はよろしくお願いします。

 

:よろしくお願いします。

 

:掛橋さんは梼原のご出身ですか?

 

:そうです。昭和16年、太平洋戦争が始まる3ヶ月前に梼原で生まれました。

  梼原高校を卒業した後自衛隊に入隊し、定年まで勤めました。

 

:勤務地はどちらでしたか?

 

:関西でした。入隊した頃は安保闘争の最中で、まだ国民の理解を得られていな

  かった自衛隊はしばしば非難されたものでした。

 

:大変な時代を過ごされたのですね。奥様とはどちらで出会ったのですか?

 

滋賀県の基地で働いていた頃、失恋しまして(笑)そのことを同じく関西に就職

  していた妹に伝えたら、友人を紹介すると言ってくれました。それが同じ梼原高

  校出身の妻だったんです。5歳離れているので、梼原にいた頃は知り合っていな

  かったのですが、奇遇なものです。

 

:なるほど。梼原の外で同窓の奥様とご一緒になったんですね。

 

そうです。おかげで今は二人とも郷里(編注:奥様は津野町出身)で暮らしてい

  ます。私はプールで泳いだり、梼原高校野球部の応援が楽しみです。妻はフラダ

  ンスや絵手紙など、サークル活動で忙しくしています。

 

 

 :図書館を毎日ご利用いただいて、ありがとうございます。普段どのように図書館

  を使っていらっしゃいますか?

 

こちらこそ。ここは私の憩いの場所なんです(笑)カフェのコーヒーを飲みなが

  ら、新聞5紙を読み比べるのが日課です。新聞社によって取り上げる事象が全く

  違いますし、同じ事象でも報道の仕方によって全然違う印象を受けます。

 

:個人で5紙を取るのは大変ですものね。

 

:そうです。さらに新聞コーナーには最新の時事に合わせた本の特集コーナーがあ

  るので、大変参考になります。

 

:そう言っていただけると嬉しいです。

 

:本が沢山あることはもちろん、建築も大変結構ですが、私は何より職員の皆さん

  のサービスが素晴らしいと思っています。

 

:ありがとうございます。

 

先日もウクライナ国歌の意味が知りたくて、そのような本があるかどうか問い合

  わせました。あいにく本は見つからなかったのですが、職員さんが直ぐにインタ

  ーネットで調べてくれて、おかげで国歌の意味だけでなく、国旗や国歌にまつわ

  る色々な情報を合わせて得ることができました。

 

:所蔵資料ではカバーできない、あるいはスピードを要する調べ物にも、職員が全

  力手伝いできるように心がけています。

 

 ~~

 

:昔から読書はお好きだったのですか?

 

はい。子供の頃は父が本を買ってきてくれて、それを一晩で読んでしまうこと

  がよくありました。

  野口英世やヘレン・ケラーのような偉人の伝記。推理小説などをよく読みまし

  た。

 

:雲の上の図書館ができる前は、どのように読書をしていましたか?

 

町の図書室をよく利用していましたが、新しい本が少なかったので自分で購入

  する本も多く、本代が沢山かかったものでした。この図書館ができてからは最

  新の法律や冠婚葬祭に関する本が充実しているので、助かっています。

 

 

 

:雲の上の図書館にご要望はありますか?

 

今のところありません(笑)本に関係することだけではなく、コンサートのよう

  なイベントもやってくれますし、カフェもあるし、この施設を無料で使えること

  を嬉しく思っています。コーヒーを飲んでいると観光の方とお話をするようなこ

  ともあり、それも楽しいです。

 

:どんなお話をされるのですか?

 

先日は町外のお客さんが、図書館から見える森の緑が綺麗ですね、と言っていま

  した。

  梼原にいると当たり前になっているそんなことに気づかされて、ハッとしたもの

  でした。

 

:今日はお時間をいただき、ありがとうございました。

 

:ありがとうございました。

 

 

最後に、現在オススメの本を3冊教えてもらいました。

[BookShelf Image]:1210

 

 
2022年 (令和4年)
6月30日(木)
Weather
時間:9:00~20:00
休館:火曜日(毎週)、金曜日(最終週のみ)