Site Top

[BookShelf Image]:1211

今日は「ほじょ犬の日」です。

日付は2002年のこの日、「身体障害者補助犬法」が成立したことに由来します。

「ほじょ犬の日」は、この法律を広く知ってもらうために作られました。

 

身体障害者補助犬法(通称ほじょ犬法)は、身体障害者の自立と社会参加を促すこ

とために制定されました。

この法律には、身体障害者がほじょ犬(介助犬、盲導犬、聴導犬)と一緒に公共交

通機関、施設やお店などを利用できるよう、事業者含め受け入れる側は最大限努め

なければならないと記されています。つまり、むやみに補助犬との同伴を拒否して

はいけないということ。

これは不特定多数が利用するすべての施設が当てはまる義務です。

 

とはいえこの法律には違反の罰則などは設けられておらず、機能させるには社会的

な認知だけが頼りになります。

にもかかわらず今年で制定されて20年の節目を迎えるこの法律は、残念ながら年々

知度が下がってしまっているんだとか。

 

2018年に実施した全国のサービス業事業者を対象にした調査では、法律を知らない

という人が7割に達しました(日本補助犬情報センター調べ)。

さらに日本盲導犬協会によると回答した盲導犬使用者215人の35%が、2021年

1月~12月の間に「受け入れ拒否」を経験したという調査結果がでたそうです。

(3月公表)。

 

さて、 本日はこちらの本を紹介します。

『はたらく犬たち』(アルバ/編)

金の星社

ほじょ犬たちは日々どのような仕事をしているのでしょう。

健気に働いてくれる彼らの姿を知ることは、懐深い未来の社会を拓く一歩になるで

しょう。

 

2022年 (令和4年)
8月10日(水)
Weather
時間:9:00~20:00
休館:火曜日(毎週)、金曜日(最終週のみ)