Site Top

[BookShelf Image]:335

1952(昭和27)年のこの日、北海道阿寒湖のマリモが国の特別天然記念物に指定された。

同時に、富山湾のホタルイカ群遊海面、鹿児島県出水市のナベヅル、高知のオナガドリ等も国の特別天然記念物に指定された。

今日の一冊は、

『日本の特別天然記念物 トキ、カワウソ、マリモ…自然の宝75』(増井 光子/著)

天然記念物に指定された950件以上の中で特に貴重かつ重要とされる75件を収録しています。

阿寒湖のマリモは、神秘的な可愛さがありますね。

北日本の湖にマリモが生息しているらしいですが、阿寒湖のマリモは最大30cm程度と大きくなり、

ビロード状の球状形態や希少性から特別天然記念物に指定されました。

ちなみに、高知原産のオナガドリは大正12年3月7日 「土佐ノ長尾鶏」(チョウビケイ)の名称で、国指定の天然記念物となり、

特別天然記念物になりました。

 世界で唯一残る球状マリモ、 美しい長い尾で鳴き声も愛されるオナガドリ、いつまでも守りたいですよね。

 

 

2020年 (令和2年)
6月6日(土)
Weather
時間:9:00~20:00
6月の休館:土日祝日