Site Top

[BookShelf Image]:551
 

 今日は、アメリカの辞書編纂者であるノア・ウェブスター(1758年)の誕生日

であることから、「辞書の日」とされています。

 ノア・ウェブスターは、教科書の著者、聖書翻訳者、綴字改定(英語版)運動

家、ライター、編集者としても活躍し、「アメリカの学問・教育の父」と呼ばれ

ています。彼が著した「スペリングの青本」は5世代にわたり合衆国の子供に読

み書きを教えました。さらに1828年書版の「アメリカ英語辞書」をはじめとする

メリアム・ウェブスター社の辞書が有名になたことことから、ウェブスターの名

は辞書の代名詞のような扱いになり、彼の誕生日が「辞書の日」とされるように

なったのです。

 

 ところで今、世の中に当たり前のように存在している「辞書」。

分からない言葉があっても、調べればすぐにその意味を私たちに示してくれます。

その「辞書」が、いったいどのように作られているか、ご存知でしょうか。

よくよく考えてみると、辞書を作るという作業は、とっても大変そうですよね。

 

本日ご紹介する『舟を編む』(三浦 しをん/著)は、出版社に勤める主人公が、辞書

編集部に引き抜かれるところから物語がスタートします。

 

編集に10年以上を要するのが当たり前という新辞書編纂作業。

主人公はどのように向き合っていくのでしょうか。

 

著者の、日本語への敬意と愛に満ちた長編小説を、是非ご堪能下さい。

 

 

 

2020年 (令和2年)
10月24日(土)
Weather
時間:9:00~20:00
休館:火曜日(毎週)、金曜日(最終週のみ)