Site Top

[BookShelf Image]:773

本日4月27日は哲学の日です。

紀元前399年のこの日、古代ギリシャの哲学者ソクラテスが当時の権力者から死刑宣告

を受け、毒殺の刑執行により亡くなりました。

ソクラテスは西洋哲学の祖と言いわれており、釈迦、キリスト、孔子と並び四聖人

(四聖)に数えられます。

 

 アテネのアポロンの信託であったソクラテスは、彼以上に賢い人はいないと言われ

いました。そこでソクラテスは、世で賢いと言われる人たちと問答し、彼らが自分

り賢いということを示そうとしました。

 

しかしソクラテスの問答は、逆に、時の智者や権力者である彼らの無知を露呈する

結果となります。このことを発端に、ソクラテスは処刑される道をたどるのです。

 

今日紹介する一冊は

 

『〈推定3000歳の〉ゾンビの哲学に救われた僕〈底辺〉は、

クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』(さくら 剛/著)

 

です。


「とっつきにくくて、わかりにくい」、「でも、人生の役には立ちそう」。本書は、

そんなやっかいな哲学を「冴えない青年 “ひろ"が、古代ギリシア生まれの哲学者

“ゾンビ先生"から学んでいく物語」です。

 

哲学とは一体何なのでしょう。さえない青年"ひろ"は、ゾンビ先生から人生のヒント

を教わることができるのでしょうか。紀元前を生きたソクラテスの言葉は、現代を

生きる”ひろ”にも届くのでしょうか。

 

難しいイメージの哲学を、無理なく理解できるおすすめの一冊です。

 

 

 

2024年 (令和6年)
3月2日(土)
Weather
時間:9:00~20:00
休館:火曜日(毎週)、金曜日(最終週のみ)