Site Top

[BookShelf Image]:922

 オーストラリア・タスマニア州の動物園で、ベンジャミンと名付けられ、

大切に飼育されていたフクロオオカミが1936年の今日、しずかにこの世を去りま

した。そして、この死はフクロオオカミという種の絶滅を意味していました。

 このことから本日9月7日は、絶滅危惧種に対しての理解を深めてもらう事を目的

とし、「絶滅危惧種の日」と制定されたのです。

 

 生物の種が絶滅するという事自体は、地球上で何度も繰り返されてきた自然な

現象です。しかし近年、異常ともいえる速度で絶滅する生物が増えてきています。

これは、人間の社会活動が地球の生物環境に与える影響が、無視できないほど大

きくなっていることを表していると言えるでしょう。

 

 あなたは絶滅危惧種ときいて、何が浮かびますか?

トキ?ニホンオオカミ?

近年の絶滅危惧種はイメージよりもずっと多く、身近です。

動物園では身近なレッサーパンダやチンパンジー、ラッコやキリンはその筆頭。

近年ではウナギやマグロも絶滅の危機が近づいているそうです。

 

 IUCN(国際自然保護連合)が発表した絶滅の危機にある世界の野生生物のリス

ト「レッドリスト」の最新版によると、現在確認されているだけでも約3万7千種

以上の生物たちが、絶滅の危機に陥っている状況だということです。

 

今日は『ナショナルジオグラフィックの絶滅危惧種写真集』

(ジョエル・サートレイ/著)を紹介します。

 

自分達にできることはなんでしょう?

まずは、身の回りの日常にだけ目を向けるのでなく、この地球上で何が起こって

いるかを知り、意識することから始まるのではないでしょうか。

 

今回はこの本を紹介しましたが、これ以外にも雲の上の図書館には様々な美しい

動物たちの写真、生態系に関する本などがたくさんあります。

 

 

ご来館の際は是非ライブラリー1の部屋にある「う」の棚を覗いてみてください。

 

 

 
2021年 (令和3年)
9月25日(土)
Weather
時間:9:00~20:00
休館:火曜日(毎週)、金曜日(最終週のみ)