Site Top

[BookShelf Image]:488

1977年の9月5日、初めて国民栄誉賞の授与式が行われました。

日本初の出来事ということで、今日は記念日に制定されています。

受賞者の第一号となったのは、当時37歳だったプロ野球選手、王貞治さん。

王さんは授与の二日前、後楽園球場での対ヤクルト戦で、通算756号となるホームラン

を打ち、米メジャーリーグのハンク・アーロンの記録を塗り替え、「本塁打世界記録」

を達成していました。

 当時の福田内閣はこれに先立ち、8月30日に国民栄誉賞を創立し、王さんが

受賞第一号に輝いたのです。

 

 今日の一冊は、そんな国民栄誉賞第一号の王貞治さんにフォーカスし、

チャレンジが道をひらく』(王貞治/著)を紹介します。

 

 国民栄誉賞を受賞する前年から、王さんは次々とホームラン記録を塗り替えており、

テレビで巨人戦が放送されると、その視聴率は40%にまで達したと言います。当時の

国民にとって、王さんが「いつ世界記録を達成するか」ということは、大きな関心事

だったのです。

 

そして翌年の華々しい記録更新、日本初の国民栄誉賞。

 

 しかし、記録達成からわずか三年後、王さんは現役を引退してしまいます。

栄光のすべてをつかんだかのように見える王さんの野球人生は、いったいどのような

ものだったのでしょう。

 

 本書は、王さんの現役引退後の監督も含めた野球50年人生を、インタビュー形式で

綴った本です。王さんの深い野球愛がぎっしり詰まっており、読み進めると胸に熱い

ものがこみ上げてきます。これほどまでに一つのものに打ち込み、それを愛する人の

姿は、そこにあるだけで見るものに勇気を与えてくれます。

 

インタビュー形式で、あっという間に読んでしまえるとても読みやすいおススメの本

です。

 

 

2020年 (令和2年)
10月24日(土)
Weather
時間:9:00~20:00
休館:火曜日(毎週)、金曜日(最終週のみ)